G-MAP

お問合せはこちらから

G-MAPとは

G-MAP

G-MAP

カメラの撮影時刻と位置情報から校正

撮影位置の計算G-MapGNSS受信機はカメラがシャッターを切った瞬間の時刻を記録しています。G-Map GNSSは0.2秒間隔で衛生データを受信し、受信機の時計を校正しています。カメラがシャッターを切ると接点信号が受信機へ送られ、衛星時刻と受信機のタイマーの補間計算により撮影時刻を1/1000秒で受信機に記録することができます。

G-MAP

事前に対空標識を入れる工程を削減

G-Mapは、対象エリアに於いて事前に対空標識を入れる工程を削減しました。
通常、事前に計測した対空標識の値を算入することで3Dデータを世界測地系にデータに変換する方法が一般的でした。
そこで、G-MAPは受信機のタイマー時計により正確な時間を計算。この撮影時間の前後の時間における位置情報から撮影位置を計算することで、対空標識を入れる工程を削減可能に。

G-MAPの特徴

ドローンのメーカーを問わず搭載可能

機体制御のシステムから独立しているため、ドローンのメーカーを問わず搭載可能

搭載カメラと接続するだけ

機体搭載カメラと接続するだけで、撮影位置を内蔵メモリにロギング

小型・軽量・シンプルで便利

寸法(幅×高さ×奥行):64mm × 62mm × 27mm
重量:60g 動作時間は約8時間

専用ソフトで高精度解析

G-MAP専用の解析ソフトにより、較差が全体的に平準化され高精度測位のデータが取得できます。

測点が難しい撮影に

事前に計測した対空標識の値を算入することで3Dデータを世界測地系にデータに変換する方法が必要だけど難しい個所に

高精度解析

専用の解析ソフトで後処理キネマティックによる高精度解析

製品紹介PRODUCT

G-MAP

G-MAP(ジーマップ)

寸法(幅×高さ×奥行):64mm × 62mm × 27mm
重量:60g 動作時間は約8時間

パンフレット お問合せ